VSAN Cormac Blog 〜VSAN 6.2 VM スワップ オブジェクトに関する新機能〜

本 blog は VMware Storage and Availability Business Unit の Cormac Hogan Blog の翻訳になります。 VSAN をより深く知っていただき活用していただく為、本記事の翻訳がお役に立てば幸いです。 このブログを開いた時点でVSANをよく理解している方々は、仮想マシンをデプロイすると、VSANデータストア上ではオブジェクトのセットとしてデプロイされ、従来のようにデータストアにデプロイされるようなファイルのセットではないことをご存知でしょう。VSANのオブジェクトには、仮想マシンのホームネームスペース、VMDK、そしてVMスワップが含まれます。VMスワップは、仮想マシンがパワーオンされている時にのみ存在しますが、VSAN上では常に100%のオブジェクトスペースが予約されてプロビジョニングされます。このことで容量を大量に消費することになり、課題となっていました。例えば、8GBメモリの仮想マシンを100台デプロイすると、800GBのディスク容量がVMスワップとしてプロビジョニングされます。これは、仮想マシンがリソース起因の問題を発生させないために予約された容量です。 VSAN 6.2からは、VMスワップの領域をシンプロビジョニングのようにデプロイ出来るようになりました。 注意点として、この設定はVSANクラスター内の全てのESXiホスト上で SwapThickPrivisionDisabled を有効にする設定が必要です。この設定はデフォルトでは無効になっています。

Read more